神奈川県横須賀市の鍼灸院・整体院 | 腰痛・肩こり・バネ指・膝痛・足底筋膜炎・頭痛・突発性難聴・神経痛

3年間続いた股関節の痛み

症状

3年前に歩いている時に急に左股関節に痛みが出始めた。整形外科・整骨院・整体・鍼灸と通ったが、ある程度は変化があったが、これ以上は変わらないと諦めていた。 犬の散歩で、犬に引っ張られたりする時が特に痛む。あぐらをかくと左側が途中までしか開かなくて辛い。 ご家族がぎっくり腰になり、当時往診専門であった当院をネットで見つけ、施術前後の変化を見て、自分も治療を受けてみたいと思い、その場で依頼した。

  • 来院者

    女性

    60 代

  • 期間

    2016年5月 ~ 2016年6月
  • 通院回数

    2回

施術と経過

<1診目> 動きを確認すると、あぐらをかく動きと、仰向けで足を45°に上げてから内側に向けた動きで痛みと可動域制限がある。 続いて細かく確認していくと、股関節外側に緊張があった。その緊張を取るために膝に鍼をすると、直ちに緩み股関節の痛みが解消し、可動域の制限も無くなったの終了とした。 <2診目> (6週間後)痛みはあるが動きは良い。前回と同様の施術をし終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

本症例は、3年前の歩行時に何かしらの衝撃があったと思われる。その際に衝撃の反動で股関節が詰まり、その状態でいることにより、股関節に過緊張を生んだことが原因になったと考えられる。 股関節外側に一番強い過緊張があった為、あぐらなどの姿勢が取れなかったのである。 股関節に過緊張を引き起こす原因は、股関節自体には殆どない。過緊張の元を緩めることで早期に症状が解消されたのである。

担当スタッフ

  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年12月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り